ここから本文です

浦和MF阿部勇樹、サポーターからのブーイングに「俺は当然だと思っている」

6/18(日) 22:43配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第15節が18日に行われ、埼玉スタジアム2002では浦和レッズとジュビロ磐田が対戦した。試合は4-2で磐田が勝利。試合後、2ゴールを挙げた浦和MF阿部勇樹に話を聞いた。

自身は2ゴールを決める活躍を見せたが、「あまり喋ることがないです、正直」と敗戦のショックを隠さない。そして「どんな相手よりも、もっともっと走らなければいけない。相手よりも、もっともっと球際で戦わなくてはいけない。やっぱり、そういうところが足りなかった」と反省の弁。さらに「もっと泥臭く戦わなければと思う。そういった中で自分たちのやってきた良さを出さなればいけない。結果を求められているので、やっぱり足りなかった」と続けた。

試合後、ゴール裏からだけでなく、バックスタンドからもブーイングが起きたが、「サポーターの方も、ホームでああいった試合に見にきたわけじゃないので、俺は当然だと思っている」と、批判を受け入れる。そして「そういったブーイングを受けて、もちろん僕らも悔しい」と、今回の敗戦を糧に、二度と悔しい思いをしないようにしたいと語った。

GOAL

最終更新:6/18(日) 22:43
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ