ここから本文です

溝口、川勝氏 後半戦も熱く 静岡県知事選

6/18(日) 8:55配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 知事選は25日の投開票に向けて後半戦を迎え、五輪柔道銀メダリストの新人溝口紀子氏(45)、3期目を目指す現職川勝平太氏(68)=連合静岡推薦=は17日、ともに一層の支持拡大を期し静岡市で街頭演説した。両候補はラグビー日本代表戦があった袋井市のエコパスタジアム付近でもニアミスした。

 溝口氏はJR静岡駅南口で演説を行った。静岡市と県の関係強化を訴え、聴衆から「紀子コール」が起きる中、頑張ろうを三唱。演説後は静岡駅を通り北口の商店街を市民と握手しながら歩いた。

 川勝氏は中心街2カ所で演説。呉服町スクランブル交差点では、清水港のクルーズ船拠点指定などを挙げて県と市の協力の成果を強調。「間違っていることは見過ごせないが、『仏の川勝』として仲良くしたい」と市との関係改善を強調した。

 両候補はラグビー日本代表戦に絡んだ動きも見せた。溝口氏はエコパスタジアム最寄りのJR愛野駅で、小学生の息子から借りた日本代表ジャージー姿で試合会場に向かう観客に支持を呼び掛けた。川勝氏は知事の公務で試合観戦。取材に対し「力の差を見せつけられたが、最後のトライが次につながるはず」と振り返った。

静岡新聞社