ここから本文です

若者ら知事選投票促進へ 袋井商議所がアプリサービス

6/18(日) 8:57配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 袋井商工会議所は知事選(25日投開票)の若者らの投票率向上へ、スマートフォンでの「選挙アプリサービス」を始めた。投票済証明書と併用することで参加店舗で有権者が特典を得られ、関係者は今後も大規模イベントなどでシステムを活用し市内消費も促進したい考え。

 選挙アプリ「これい~ら」は物流コンサルタントなどを手掛ける「ビーエムサポート」(浜松市中区)が企画した。期日前を含む投票の際に投票所で投票済証明書を請求し、アプリでアンケートに答えてクーポンを得る仕組み。飲食店など参加約50店舗でクーポンと証明書を提示し、8月5日まで割引などのサービスを受けられる。

 同商議所は選挙に限らず、スポーツイベントなどの際にもシステムを活用して観光客らの市内滞留を図り、主に個店での消費促進を目指す意向。ビーエムサポートの落合岐良代表取締役(66)は「知事選での投票率アップを目指すとともに、各店舗の利益増につなげ、2019年ラグビーワールドカップ時の市内活性化にも貢献したい」と見据える。

静岡新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ