ここから本文です

【AKB選抜総選挙】ハプニングに勝るニュースなし…記者の目

6/18(日) 6:13配信

スポーツ報知

◆AKB48第9回選抜総選挙(17日、沖縄・豊見城市立中央公民館)

 開票イベントの中止について指原が謝罪した。「6月の開催にはムチャがありました。申し訳ありません」。正直、記者も心配だった。晴れたビーチのまぶしい光景を想像する一方で「梅雨の季節だよな…」とも思った。おそらく多くのファンも感じていたはずだ。

【写真】年内でのAKB卒業を発表した渡辺麻友

 ファンには申し訳ないが、結果として注目度は格段と上がった。主力メンバーの卒業や出馬辞退が相次ぎ、話題が少ない中で「中止」は前日のスポーツ新聞各紙でも軒並みトップ記事。ネットの速報も「メンバーの声は…」「ホテルもキャンセルが…」次から次へとアップされた。

 チケット代の損失、会場設営費など物理的な損害金額も大きいだろう。だがメディアへの露出を金額に換算したら、結果的には決して少なくない経済効果になったのではないだろうか。

 「ハプニングにまさるニュースなし」とよくいわれる。台本と事前説明が一切ないのが(総合プロデューサーの)秋元康流。須藤凜々花の突然すぎる結婚宣言にもしびれた。おそらく過去、須藤が載ったどの記事よりも今日の記事は大きいはずだ。最後には、まゆゆも卒業発表したし…。

 結局、ビーチでの開催の是非で話題を集めたことが、本番での盛り上がりにつながったと感じた。まさかとは思うが、これもプロデュースの一環だったのだろうか。

最終更新:6/18(日) 7:41
スポーツ報知