ここから本文です

【柏】代表GK中村、止めた止めた!でも連勝止められた…

6/18(日) 6:03配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ 第15節 甲府0―0柏(17日・山梨中銀スタジアム)

 代表ウィークによる中断を挟み、2週間ぶりに再開した。8連勝で首位に立つ柏は、日本代表GK中村航輔(22)の2度のビッグセーブに助けられ、甲府に0―0のドロー。連勝記録は途絶えたが、暫定首位をキープした。残り2試合は18日に行われる。

 2度のビッグセーブで、暫定首位キープに貢献した。前半18分、ペナルティーエリアのやや外から甲府MF新井がループシュート。ゴールに吸い込まれるかと思われたボールは、日本代表GK中村が「ループを狙ってくるとわかっていた」と間一髪、左手1本でかき出した。後半3分にもエリア外からの強烈ミドルを横っ跳びでスーパーセーブ。中村は「ゼロで抑えられたことはプラス材料です」と敵地での勝ち点1を前向きに捉えた。

 W杯アジア最終予選イラク戦(13日、イラン)でA代表に初招集。デビューはお預けとなったが、GK川島永嗣(34)=メツ=らと練習を重ね「すごく勉強になりました。1ランクも2ランクもレベルが高い。自分も何とかついていかないといけない」と貴重な経験を積んだ。

 ビッグセーブを連発する姿から、野性的な本能型のGKに見られがち。だが素顔は研究熱心な理論派GKだ。ワイルドな見かけによらず、読書や将棋を趣味とする22歳は、W杯最終予選の初戦だった昨年9月1日のUAE戦(1●2、埼玉)をプライベートで観戦。試合開始前に、GK陣のウォーミングアップメニューを自ら動画で撮影し、自身のトレーニングの参考にした。試合全体を見渡すことができる上段の席に陣取り、先発したGK西川周作(31)=浦和=の一挙手一投足に目を光らせた。

 延長Vゴール方式だった1998年に記録した8連勝を上回るクラブ史上初の9連勝の快挙はならなかった。だが下平隆宏監督(45)は「連勝はいつか止まるもの。アウェーで勝ち点1が取れたことをポジティブに捉えたい」と前を向き、中村も「いつも通り、結果を求めて戦って行くだけ」と力強く語った。次節・札幌戦(25日・柏)から、再び連勝街道を突っ走る。(岡島 智哉)

最終更新:6/18(日) 6:03
スポーツ報知