ここから本文です

日本ハム・レアード価値ある先制2点打「雨予報みたいだから…」

6/18(日) 14:44配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ヤクルト-日本ハム」(18日、神宮球場)

 日本ハムのブランドン・レアード内野手(29)が価値ある先制適時打を放った。

 四回2死二、三塁。石川の低めのシンカーに食らいつき左前へ。三塁走者の西川に続き、中田も二塁から激走。本塁セーフも、微妙な判定でリプレー検証となったが、判定は変わらず2打点。

 「打ったのは外のシンカーかな。最初はタイミングを合わすのに手こずったけど、なんとかアジャストできたよ。雨予報みたいだから、早めに点を取れてよかった」。降雨コールドを警戒していただけに先制点にしてやったりだった。

スポーツナビ 野球情報