ここから本文です

巨人・阿部連発 原前監督超える球団歴代3位の通算383号 六回に右足痛めて交代

6/18(日) 14:48配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人-ロッテ」(18日、東京ドーム)

 巨人・阿部慎之助内野手が、先制の9号ソロを放った。

 二回、1死。カウント3ボールから、ロッテ・佐々木が投じた141キロを右翼席上端まで運んだ。

 5月16日、ヤクルト戦(東京ドーム)以来の一発は原辰徳前監督と並ぶプロ通算382号。さらに四回は2打席連発の10号ソロ。2ボール1ストライクからの4球目を仕留め、右翼席にたたき込んだ。

 通算383号はソフトバンク・王会長の868本、巨人・長嶋終身名誉監督の444本に次ぐ、球団歴代単独3位となった。

 だが、アクシデントに見舞われたのは六回、1死一塁で迎えた第3打席だ。左腕・松永との対戦で、フルカウントからの6球目は頭部付近の危険な一球。のけ反りながら何とか避けたが、この際に右膝に重心が掛かり、痛みに顔をゆがめてそのまま倒れ込んだ。右足を引きずりながらベンチへ下がり、そのまま途中交代となった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 7:25