ここから本文です

皇太子さま、デンマーク首都の日本人学校ご訪問

6/18(日) 7:55配信

産経新聞

 【コペンハーゲン=伊藤弘一郎】デンマークを訪問中の皇太子さまは17日、首都コペンハーゲンの日本人補習学校を訪問された。

 同校では毎週土曜日、日本人を親に持つ児童・生徒が帰国後も日本のカリキュラムに適応できるよう授業を実施している。皇太子さまは小中学生による古今和歌集などの音読の発表会をご見学。皇太子さまは生徒らに目線を合わせるように膝をかがめ「とても上手でしたね」「デンマーク語を勉強して何が一番難しいですか」と声をかけられた。

 続いて皇太子さまは隣接するエルシノア市で、同国の海運史などが展示された「海運博物館」をご訪問。皇太子さまは学習院大の卒業論文で瀬戸内海の水運史を、留学先の英国ではテムズ川の水運史を研究されている。水運史の研究はライフワークとする「水問題」への取り組みの原点となっており、皇太子さまは展示品を熱心にご覧になった。

 また、シェークスピアの戯曲「ハムレット」の舞台となった世界遺産「クロンボー城」では記者団の取材に応じ「親善訪問は皇室にとって非常に大切」「日本とデンマークとの相互理解が進むことを心から願っております」と述べられた。

最終更新:6/18(日) 7:55
産経新聞