ここから本文です

【柏】甲府とドローで21年ぶり9連勝ならず 下平監督「連勝はいつか止まる」

6/18(日) 2:05配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ▽第15節 甲府0―0柏(17日、山梨中銀スタジアム)

 8連勝中だった首位の柏は、敵地で甲府とスコアレスドローに終わった。クラブ新記録の9連勝はならなかったが、2位のC大阪が引き分けたため、暫定首位をキープした。

 前半から得意のハイプレスを仕掛ける柏に対し、甲府はプレスにはまる前に前線にロングボールを供給するサッカーで対応。DF中谷進之介は「つなぐことを放棄して、とりあえず蹴ってきた。その意識を向こうは徹底していた」と振り返った。

 柏はプレッシングがはまらず、攻撃のリズムをつかめなかった。後半にはハイプレスサッカーの生命線とも言えるMF中川寛斗、MF武富孝介の2枚をベンチに下げ攻撃的なカードを切ったが、1点を奪いきれなかった。

 下平隆宏監督は「連勝が止まってしまったことは残念。最後の崩しのところがうまくいかなかった。だが連勝がいつか止まるもの。アウェーで勝ち点1を取れたことをポジティブに捉えたい」と語った。

最終更新:6/18(日) 2:05
スポーツ報知