ここから本文です

阪神ドラ2小野、六回に先制許す 楽天・岸と息詰まる投手戦

6/18(日) 16:00配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-楽天」(18日、甲子園球場)

 阪神のドラフト2位・小野泰己投手(富士大)が六回に先制点を許した。

 楽天先発・岸との息詰まる投手戦。試合が動いたのは六回だった。1死後にこの日初めての四球を与えて出塁を許すと、ペゲーロに右前打を許して1死一、二塁。3番・岡島を迎えた。

 カウント1ボール2ストライクからの5球目。遊撃右に飛んだ打球に糸原が懸命に飛びつく。グラブに当たりはしたが、そのまま中堅に転がり二走が生還した。無失点投球を続けていただけに手痛い得点を許した。