ここから本文です

日本ハム有原、完封逃すも3勝目 交流戦2つの負け越しで終える

6/18(日) 16:50配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ヤクルト3-6日本ハム」(18日、神宮球場)

 日本ハム・有原航平投手が8回0/3を3安打3失点で3勝目を挙げた。

 雨降りしきる悪条件の中、初回、上田に遊内野安打されたが、その後は八回まで1安打投球。今季初完封を目指して九回もマウンドに上がったが、連打と失策で1点を失い、増井に交代した。

 約1カ月ぶりの白星に3年目の右腕は「迷惑をかけていたのでうれしいです。(2度の中断もあったが)集中していたので大丈夫でした。ここからチームにどんどん貢献できるように頑張ります」とコメントした。

 打線は四回に2死走者なしから、西川、中田の連打で二、三塁とし、レアードの適時打で2点を先制。六回は市川の適時打、七回は西川の適時打などでそれぞれ2点を加え、突き放した。

 これでチームの連敗は2でストップ。交流戦を8勝10敗で終えた。

 一方、ヤクルトは九回に3点を返したが、それまではわずか1安打と打線が沈黙。交流戦の成績は5勝12敗1分けだった。