ここから本文です

チェルシー Cロナ獲得狙うと英紙 エースをトレード要員に?

6/18(日) 19:55配信

スポニチアネックス

 レアル・マドリード(スペイン)からの退団を決断したと伝えられているポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(32)について、新たな移籍先候補が浮上した。

 18日付の英紙デーリー・エクスプレスは、今季プレミアリーグ王者のチェルシーが獲得を狙っていると報道。オーナーのアブラモビッチ氏は、ロナウドを獲得することで現在メディアで取り沙汰されているコンテ監督の去就問題を沈静化させたい考え。続投に向けた説得材料として超大物の補強に動くという。

 ロナウドを獲得するためには、Rマドリードが長年にわたって獲得を狙っているエースのベルギー代表MFアザールをトレード要員とする考えもあるという。

 ロナウドについては代理出産で双子を授かったばかり。子供達をしっかり保護できる環境であることも新天地を決める際に重要な要素になるということで、古巣のマンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を一歩リードしているとみられているという。