ここから本文です

猫ひろし、プノンペン国際ハーフマラソンで優勝「途中、犬が追っかけてきた」

6/18(日) 18:10配信

スポーツ報知

 タレントの猫ひろし(39)が18日、カンボジアの首都プノンペンで行われた「2017プノンペン国際ハーフマラソン」に出場し、1時間16分44秒で優勝した。

 カンボジア五輪委員会が主催し、6月の女王の誕生日を記念して行われる国民行事。参加者は約4000人(国内3400人、外国人600人)だ。

 気温29度の暑さの中、激走した猫は「目標タイムより遅かったですが、粘って走れて1位を取れました。途中、犬が猫を追っかけてきたので、速く走れたかもしれません。犬、ありがとう!」とおちゃめに告白。「暑い中でも、強く、速く走れるようにもっと練習します。毎年、参加者も増えてきて、王宮前でのゴールは本当に気持ち良かったです。来年、一緒に走りましょうニャー」と話した。

 昨年8月のリオディジャネイロ五輪にはカンボジア代表として力走。同国代表として国際大会に連続出場している。今後は8月に予定される「2017東南アジア競技大会」(マレーシア)への出場に向けて、カンボジア1位を死守している状況。東南アジア大会の代表決定後に、マレーシア渡航を予定している。

最終更新:6/18(日) 19:45
スポーツ報知