ここから本文です

【ロッテ】サントスが“バット投げ”打法で二塁打

6/18(日) 18:29配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人―ロッテ(18日・東京ドーム)

 ロッテのロエル・サントス外野手が18日の巨人戦(東京ドーム)で神懸かり的な打撃を見せたが、連敗ストップにつながらなかった。

 同点の延長12回先頭、1ボール2ストライク。中継ぎ左腕・森福の外角へ逃げるスライダーに、まさかの“バット投げ”。打球は右翼線を転々とする二塁打となった。4安打した9日のヤクルト戦以来、来日2度目の猛打賞だ。

 2番・三木が6球連続でファウルで粘るなど森福の14球目を二ゴロ。二塁走者のサントスは三塁へ進み、続く育成出身・柿沼の1ボール2ストライクからのセーフティースクイズで本塁へヘッドスライディング。一時勝ち越し点となったが、延長12回に投入した大嶺祐が大誤算。亀井に逆転サヨナラ3ランを浴び、5連敗を喫した。

最終更新:6/19(月) 0:03
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報