ここから本文です

日テレ「七夕」コンセプトガールに7月7日生まれの八木莉可子「小さい頃から特別な日」

6/19(月) 7:02配信

スポーツ報知

 7月7日の「七夕」の楽しみ方を提案する日本テレビの新プロジェクトのコンセプトガールをモデルの八木莉可子(15)が務めることが18日、分かった。

 スマートフォンやタブレットと連動し、願い事が星に変化するロマンチックなプロジェクト。東京・汐留の日本テレビ2階の日テレホールで7月1~9日まで、「back number」の楽曲「光の街」にのせて、願い事が星に変化して降り注ぐ。イベントは予約制だが、ホームページにアクセスすると願い事が星文字のスペシャルムービーとなる特設サイトも開設される。

 「ポカリスエット」のCMなどで見せる透明感で人気上昇中の八木は、実は七夕生まれ。「小さい頃から、7月7日は七夕の短冊を書いて、誕生日をお祝いしてもらう日だったので、特別な一日でした」と縁を感じている様子。「『タナバタリウム』を通して、もっと七夕に興味持ってもらえるように頑張ろうと思います。大切な人や、大切なことを思い浮かべて、優しい気持ちになってぜひ、参加してください」と呼びかけた。

最終更新:6/19(月) 7:02
スポーツ報知