ここから本文です

全国の学会連携へ 福島で世界手術教育フォーラム

6/18(日) 10:01配信

福島民報

 第1回世界手術教育フォーラムは17日、福島市の手術訓練施設「イービーエムふくしま製造開発センターFIST(フィスト)」で開かれた。外科医の手術訓練法を確立するため、全国の学会と連携を目指すことで合意した。 
 フォーラム代表の松田暉(ひかる)大阪大名誉教授や事務局を務めるイービーエムの朴栄光社長ら全国の外科医ら約10人が参加した。組織の枠組みなどについて意見を交わし、日本胸部外科、日本心臓血管外科、日本血管外科の3学会で構成する心臓血管外科専門医認定機構と協力する方針で一致。訓練シミュレーター開発や、効果的な指導方法の提案を進めるとした。 
 参加者はイービーエムの心臓外科手術シミュレーターなどを体験した。横山斉(ひとし)福島医大心臓血管外科学講座教授は「冠動脈バイパス手術だけでなく、ほぼ全ての心臓手術を訓練できるだけの製品がそろっている」と話した。 

福島民報社

最終更新:6/18(日) 10:09
福島民報