ここから本文です

技法や鑑賞ポイント学ぶ 福島県展ワークショップ

6/18(日) 12:35配信

福島民報

 福島県総合美術展覧会(県展)開催に合わせた洋画と彫刻のワークショップは17日、県展会場の福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれ、高校生らが制作技法と鑑賞のポイントを学んだ。 
 県展運営委員会と県の主催。洋画の回は郡山女子大短期大学部教授の浅野アキラさんが「上手(うま)い絵と良い絵は同じではない・若い作家たちへ」と題し講演した。県展洋画の部審査員の久家三夫さんが加わり、参加者と一緒に展示作品を鑑賞しながら、特徴などを紹介した。 
 彫刻の回は県展彫刻の部審査員の新井浩さんと県展運営委員の遠藤徳さんが展示作品について解説した。参加者は熱心に聞き入っていた。 
 県展は25日まで。観覧無料。午前9時半から午後5時(最終日は午後4時)まで。問い合わせは事務局の県文化振興課 電話024(521)7154へ。 

福島民報社

最終更新:6/18(日) 12:40
福島民報