ここから本文です

磐城高チーム全国大会へ 俳句甲子園

6/18(日) 12:36配信

福島民報

 高校生が俳句の腕前と鑑賞力を競う第20回「俳句甲子園」の地方大会の郡山会場は17日、福島県の郡山市労働福祉会館で開かれ、磐城高のチームが優勝した。最優秀句は白井駿助さん(会津高)の「陽炎や虫の図鑑と毒瓶と」が選ばれた。 
 NPO法人俳句甲子園実行委員会の主催で、県内では唯一の開催。磐城高の1チーム、会津高の2チーム、郡山商高の1チームの計4チームが出場し、1チーム5人のリーグ戦で臨んだ。「陽炎」「石鹸玉」「立夏」を兼題に1試合3句を披露。俳句の出来栄えを競う「作品点」、議論による俳句の鑑賞力を競う「鑑賞点」で競い合った。 
 優勝した磐城高のチームは8月19、20の両日、松山市で開かれる全国大会に出場する。 

福島民報社

最終更新:6/18(日) 12:38
福島民報