ここから本文です

“5連覇”県産酒東京でアピール 福島県酒造組合

6/18(日) 12:37配信

福島民報

 福島県酒造組合は17日、東京・池袋のサンシャインシティで開かれた全国の日本酒を堪能できる「日本酒フェア2017」に出展し、全国新酒鑑評会で金賞受賞数が5年連続日本一となった県産酒をアピールした。 
 全国の都道府県酒造組合などがブースを設けた。県酒造組合は県内各地の日本酒30銘柄の試飲と販売を繰り広げ、大勢の日本酒ファンが列を作った。新城猪之吉県酒造組合会長(末廣酒造社長)らが来場者に地酒を振る舞い、県産酒のおいしさや魅力を伝えた。 
 日本酒フェアは日本酒造組合中央会の主催。鑑評会の入賞酒約430銘柄を飲み比べる公開利き酒会なども催された。 

福島民報社

最終更新:6/18(日) 12:40
福島民報