ここから本文です

NGT荻野由佳、堂々5位で初の“神7”入り!「こんな無名な私を…」

6/18(日) 5:00配信

サンケイスポーツ

 AKB第9回選抜総選挙(17日、沖縄県内)過去最多322人が立候補した今年は荒天でビーチ会場での開票イベントが中止になり、初の無観客で実施。

 速報史上最多の5万5061票で1位発進し、大波乱を巻き起こしたダークホース、NGT48の荻野由佳(18)は堂々の5位で、初の“神7(セブン)”入りを果たした。

 結果は7万3368票で伸びしろは少なかったが、昨年95位からジャンプアップし、「こんな素敵な順位をいただけるなんて、夢のようです」と号泣した。

 シンデレラガールはAKBオーディションに3度落選した苦労人。バイトAKBの活動を経て、ドラフト会議でやっとアイドルになれただけに喜びもひとしおで、「こんな無名な私をアイドルにしてくれてありがとうございます」と感謝した。

 NGTは、ほかに北原里英(25)、本間日陽(17)が選抜メンバーに入り、昨年2人だった80位以内には10人もランクインする大躍進。

 活動拠点である新潟市出身の歌手、小林幸子(63)も大喜びで、荻野の快挙に「あなたのひたむきな努力を、これからも私は新潟の母として応援します」と約束。今月2日に一緒に田植えを行った際、1位になったら巨大衣装のメガ幸子(高さ8メートル50、重さ3トン)をプレゼントすると公約していたことには、「いつでも出動準備を整えておくわね」とノリノリだった。