ここから本文です

阪神・原口、適時失策を猛省「何とかとらえないといけなかった」

6/18(日) 9:49配信

サンケイスポーツ

 (セ・パ交流戦、阪神2-8楽天、2回戦、1勝1敗、17日、甲子園)原口は四回の同点打で3試合連続打点。だが同点の六回二死二、三塁での三振を悔やんだ。

 「何とかとらえないといけなかった。(ファウルで粘って)我慢比べだったんですが、結果が出ないと」。美馬の10球目に空振り三振し、3試合連続のヒーローとなる機会を逃した。1点の勝ち越しを許した直後、八回二死一、三塁の一塁守備ではイレギュラーに対応しきれずに弾いて適時失策。今季4失策目でペゲーロの満塁弾につなげてしまい「バッテリーに迷惑をかけてしまった」と猛省した。