ここから本文です

東海大相模・門馬監督、柳ケ浦・田中攻略に手応え 「神奈川にもいない好投手を打てたことは大きい」

6/18(日) 18:23配信

サンケイスポーツ

 今春の高校野球関東大会準優勝の東海大相模(神奈川)が18日、神奈川・相模原市の同校グラウンドで柳ケ浦(大分)と練習試合を行い、第1試合を4-3、第2試合を2-1で勝利した。東海大相模は、南海ホークス(現ソフトバンク)時代に内野手として活躍した柳ケ浦の定岡智秋監督(64)のもとで成長している、九州最注目の右腕・田中英斗投手(3年)から第1試合に先頭打者本塁打など2本の本塁打を含む10安打で4点を奪った。投げては、左腕・安里海投手(3年)が8安打8三振3失点で完投した。

 門馬監督は「最速が146キロ出ていたと聞いたし、神奈川にもいない好投手を打てたことは大きい。振り負けないことを徹底してきたところで、この夏に向かっていくのに、いい刺激になった」と話した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 19:30