ここから本文です

豊洲の安全性は本当に問題だったのか? 小池都知事、メディアがリードしたおかしな議論

6/18(日) 9:12配信

BuzzFeed Japan

議論のポイントはどこにあるのか?

豊洲市場に移転するかどうか。長引く議論がいよいよ大詰めを迎えている。日経新聞などによると、小池百合子都知事は週明けにも豊洲移転を表明するという。築地から豊洲市場への移転は、2016年11月の予定から大幅に延期されていた。この間、大きな注目を集めていたのが豊洲市場の安全性問題だった。はたして、ここまで議論が必要だったのか? 【石戸諭 / BuzzFeed Japan】

安全性を疑問視した報道

豊洲の土壌や地下水を検査したところ「基準値超え」の化学物質が検出され、「安全性への疑問が深まった」などとする報道も続いた。

都はかねてから豊洲開場の条件としての「無害化」を条件にしていたが、達成できなかったとして、小池知事は業者に「お詫び」をした。

化学物質のリスク評価の第一人者、中西準子・横浜国立大名誉教授(79歳)はこう語る。

「豊洲新市場は安全性に問題がないのに、小池知事の姿勢が議論を混乱させた」

中西さんは、公害の時代から環境問題に関わり「リスク」という考え方を取り入れてきた第一人者である。豊洲問題のリスクをどう考えたらいいのかを聞いた。

インタビューは6月12日に収録した。

「小池知事が就任してからおかしな議論が続いている」

--今年(2017年)にはいり、豊洲市場の地下水調査で、基準値を超えた発がん性物質ベンゼンなどが検出されたことが大きく報じられました。豊洲市場は「安全・安心か」という観点でも議論されるようになっています。現状をどう分析しますか?

小池知事が就任してから、とてもおかしな議論が続いていると思っています。

私が長年かかわってきた、リスク論の観点から問題を考えます。リスクを考えるときに、もっとも重要なのはどこに避けるべきリスクがあるかです。

小池知事やメディアが、あたかもリスクがあるように言っていますが、どこにリスクがあるのか、一言も言っていません。

結論から言えば、豊洲市場は安全であり、土壌調査にしても、地下水調査にしても、基準値を超えたからといって即座に危険とはなりません。

なぜか。

豊洲市場で、直接むきだしの土壌の上に店舗を作って商売をすることも、地下水を使って商品を洗浄することもないからです。市場で使われるのは水道水です。

私の周囲にも勘違いしている人がいましたが、魚をさばくのに地下水を使うことはありません。つまり、地下水も土壌も人間の口に直接、入るようなことはないというのが大前提になっています。

基準値超えと言いますが、その基準値は何のために決められた基準値かということを、考えてください。今回、問題にしているのは、地下水の環境基準、つまり、飲むための水道水の基準値なのです。

地下水を直接、飲みたい、使いたいというなら今回の基準値超えは問題だと言えますし、法律に基づく対策が必要ですが、そのようなことは誰も考えていないし、やろうとも言っていない。

アスファルトから地下水が染み出して、ベンゼンが地上にでてきたら環境に影響を与えるといった懸念もあると聞きます。

しかし、仮にそうなったところで、いま検出されている程度のベンゼン(基準値の100倍)では、人の健康に影響を与えるようなレベルにはまず達しません。

大気中にでたところで、大きな問題にはならないような値です。

築地にも土壌汚染があった、という報道がされていましたが、これも私からすると当たり前のことです。

東京は長らく、この国の首都です。築地、豊洲に限らず、土地は様々なことに使われ、工場などいろんな跡地のうえに建設されたものがたくさんある。

戦争や公害もありました。そんな土地なら、検査をすれば、なんらかの化学物質は出てくるものです。

かつて、公害の時代には化学物質がいまからするとおよそ信じられないような扱われ方をされ、土壌だけでなく、大気中にもばらまかれていた。

東京の土壌というのは、そもそも決してきれいなものではありません。だからこそ、土壌汚染対策法で、用途に応じたルールを決めており、豊洲市場の場合には、そのルール以上の対策をとっているのです。

そのルールは、地下水の環境基準を遵守すべきということを求めていません。

豊洲市場が安全か、という問いは議論のポイントをおさえれば「安全」の一言で決着がつく話であり、無駄に長引かせるようなものではありません。

1/3ページ

最終更新:6/18(日) 9:12
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ