ここから本文です

高崎の魅力 自作楽曲でPR 女子高生アーティスト・カホリさんがアルバム発売

6/18(日) 6:00配信

上毛新聞

 群馬県高崎市のプロ専用録音スタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI」が昨夏に開いたオーディションで市長賞に選ばれた女子高生アーティストのカホリさん(17)=東京都出身=が、受賞を機に制作した高崎のPRソング「群馬へGO」など9曲を収録した初のアルバムをリリースした。「もっと群馬のことを知りたい」と群馬での活動にも意欲をみせる。

◎「応援への感謝」今後も県内イベント参加へ

 カホリさんは作詞作曲からギター、ベース、ドラム打ち込みなどまでを自らこなす“シンガーソングギタリスト”として活動。「メガネがないのうた」など、日常で感じたことを素直に言葉にして歌っている。

 都内を拠点に活動し、父親の勧めでオーディションに参加。応募1465組の中から決勝に進み、最優秀賞に次ぐ市長賞に輝いた。

 今年2月に出演した群馬テレビの番組「JOYnt!」で、「群馬へGO」を作るためにタレントのJOYさん(同市出身)と市内の名所などを巡った。曲では「あったかい人 あったかい街 愛と音楽で溢(あふ)れてる」「観音様の肩にのって 青い空に向かって叫んだ」などと表現した。

 「群馬が大好きな気持ちや、応援してくれたことへの感謝の気持ちを込めた。私の感じた群馬の良さを伝えたい」とカホリさん。この曲は4月から同番組のオープニング曲になっている。

 今月11日には同市のもてなし広場で開かれた「環境フェア」に出演。オーディションと同じ会場で、再び歌声を披露した。今後も県内の音楽フェスやラジオなどに出演したいという。

 アルバム「おいしいロックひとりじめ」(1512円)はHMVイオンモール高崎などで販売中。

最終更新:6/18(日) 6:00
上毛新聞