ここから本文です

短い夏を思う存分楽しもう! 十勝晴れの下、ホコテン開幕 北海道帯広市

6/18(日) 13:53配信

十勝毎日新聞 電子版

 毎年恒例の「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が18日、帯広市内中心部で開幕した。9月10日までの毎週日曜日(8月13日を除く)に開く。

 青空が広がる中、午前11時からのオープニングパレードでは、ばんえい十勝のPR馬「ミルキー号」が引く馬車を先頭に約100人が平原通を行進。続く開会式で細川吉博実行委員長は「街中の魅力を再発見してほしい」と来場を呼び掛けた。細川委員長、米沢則寿市長ら7人がテープカットで開幕を宣言した。

 帯広若鳶会がはしご乗りを披露したほか、出演者や飛び入りの来場者らが恒例の「みんなで踊ろう」のパフォーマンスで会場を盛り上げた。午後はバトンクラブの演技やフラダンスなどが繰り広げられた。フラダンス愛好団体に所属する女子児童は「毎年ホコテンで踊るのが楽しみ」と笑顔で話していた。(牧内奏)

十勝毎日新聞