ここから本文です

【動画解説】ようやく梅雨らしく 関東は気温の変化大きい

6/18(日) 12:19配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 週半ばからは、西・東日本も梅雨らしくなりますが、関東は気温の変化が大きくなりそうです。

 これまで、本州の南海上に停滞していた梅雨前線は、20日(火)頃から次第に北上する見込みです。20日の午後から、九州南部で雨が降り始め、21日(水)にかけて東日本まで雨の範囲が広がるでしょう。


 ところで、梅雨時は地域によって体感の差が大きくなることがあります。この時季、西日本では蒸し暑くなりやすい一方で、東日本では雨が降ると、ひんやりと感じられ、いわゆる「梅雨寒」が起こります。梅雨前線は、南と北の高気圧の境目にありますが、東日本には北の高気圧から吹き出す冷たい風が入りやすくなるためです。

 この影響で、今週は関東で日ごとの気温差が大きくなりそうです。雨の降る、18日(日)や22日(木)は23℃前後までしか上がらず、人によってはひんやりと感じられそうです。一方、晴れ間の出る20日(火)は30℃前後まで上がり、暑くなる見込みです。気温の変化が大きいため、体調管理に注意してください。(気象予報士・片山美紀)

最終更新:6/18(日) 12:19
ウェザーマップ