ここから本文です

【不動産投資】「とにかく減価償却をして、節税したい!」という方に京都の町屋投資をオススメします。

6/18(日) 9:00配信

マネーの達人

先般、知人から…

「アメリカの木造建物に投資して節税する方法」を検討している
という話しを聞いて、興味があったのでそのセミナーを聞いてきました。

■投資対象となる物件

築約40年が経過した、1000万円ぐらいの木造コンドミニアムです。

築年が築年だけに見た目もあまりよろしくはなく設備もお世辞にもきれいとはいえません。

■物件のウリ

・ 不動産が立地する都市が人口も増えて発展性が期待できる

・ 木造ゆえに早期に償却ができて節税効果が高いこと

■税制上では…

日本の税制上では、木造の法定耐用年数は22年で、その期間を全部経過すると法定耐用年数の20%、すなわち22年の20%である、4年で償却されます。

この制度は海外の不動産でも同様に適用されますのでこのアメリカの物件も4年で償却されます。

■利回りは…

償却対象は建物だけですが、土地の価値に比べて建物価値が高い場合、例えば80%が建物価値なら

1000万円 × 80% ÷ 4年 =200万円

が1年で減価償却として計上できるので、所得税率なども含めてなんやかや計算すると

「利回りは10%になる!」

という説明でした。

「10%! いいですねぇぇ~」という感じもしますが、冷静に考えると、この10%の利回りは償却期間だけであり、純粋に投資から得られる利回り(NOI)は3%ちょっと。

リフォームやリノベーションの費用やそれこそ水道管が破裂したらどうなるんだろうという懸念はぬぐえませんでした。

個人的なおススメですが…

その不動産の所在する都市の発展に賭けているとか、今後円安になることを信じて疑わない人にとってはいいですが

「とにかく減価償却をして、節税したい!」

という人には同様の効果が得られる投資物件として、個人的には京都の町屋投資がいいのではなかと思います。

■需要は高まってます

ご存知京都は世界的に有名な観光地となり、民泊を始め不動産の需要が高まっています。

「田の字」といわれる中心街はだいぶ高値になりつつありますが、「築年不明」のような何十年か、もしかした何百年も経っているような物件も、適切にリノベーションすることによって収益物件に生まれ変わるようです。

1/2ページ

最終更新:6/18(日) 9:00
マネーの達人