ここから本文です

浦和、V戦線へ勝ち点3必須 18日磐田戦、クロスからシュート練習

6/18(日) 6:20配信

埼玉新聞

 前節まで暫定6位の浦和は18日、同11位の磐田とホームで対戦する(18時30分・埼スタ)。ここ5試合で勝ち点を4しか上積みできていない浦和は、優勝争いから置いていかれないためにも勝ち点3は必須だ。

 チームは試合を翌日に控えた17日、大原サッカー場で調整した。ランニング、ボール回し、パス回しに続いて、今季初めて試合前日恒例のゲーム形式を行わず、ステップワークやダッシュで全体練習を40分で終えた。GK陣は終始、GKメニューに取り組んだ。

 その後、約15分間、選手たちは自主練習で足りない部分を補った。ラファエルシルバ、興梠、武藤、槙野らは西川、榎本の両GKを相手に両サイド(駒井、宇賀神)のクロスからシュート練習。柏木はFKの感触を入念に確認していた。

 会見したミシャ監督は直近2試合を1分け1敗で勝ち点1に終わっていた点に触れ、「(2試合で)4ポイントを取っておきたかったが、本来ならあるべきポイントを取れていない。磐田は侮れない相手だが、本気になって倒しにいく。何が何でも、3ポイントを取らなければいけない」と選手同様に、強い気持ちで臨む決意をのぞかせた。

最終更新:6/18(日) 6:20
埼玉新聞