ここから本文です

2位のまゆゆ「やり残したことはない」年内での卒業発表、指原「正直、ショック」

6/18(日) 6:23配信

MusicVoice

 AKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友(23)が17日に沖縄県で開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で2位になった。第1回目からつねに5位以内という快挙を遂げた渡辺はスピーチでAKB48グループからの卒業を宣言した。

 2位の発表を受けて壇上にのぼった渡辺。過去の順位を振り返りながら、「ファンの皆様のおかげ、ずっと“神7”、ベスト5に入れていただきまして、本当にファンの皆様には感謝してもし切れない思いでいっぱいです」と感謝の言葉を語り、2位という順位に喜びを伝えた。

 そして、「このような形ではあるんですけども」と切り出した渡辺。「私、渡辺麻友はAKB48を卒業します」とグループから卒業することを宣言した。

 渡辺は自身が12歳の時、好きだったAKB48のオーディションを受けてグループ入りしたことを説明。「今年の4月で入ってデビュー10年目という区切りを迎えまして、いま23歳になり、本当にAKB48のメンバーとしてたくさんのことを学ばせていただきました。これからは外の世界に出て、また新たな挑戦、イチから出直すつもりで、外の世界に飛び出そうという決意をさせていただきました」と、新境地を開拓していきたい気持ちを明かした。

 さらに、多くの後輩が出てきているなかで、「この子たちに将来のAKBを託したいなと思いましたし」と続け、支えてくれるファンへの感謝を伝えた渡辺は「今年いっぱいという短い時間ではあるんですが、AKBメンバーとしての使命を果たしていきたいと思います」と、残りの活動にも全力で取り組みたいとした。

 司会の徳光和夫フリーアナウンサーから卒業に関しての質問が寄せられると、渡辺は「ずっとというか、ここ2~3年くらいで考えてはいたんですけど、ずっと迷いに迷って、最近、決断を下しました」とし、最終的には自身のなかで答えを出したという。

 そして、「驚かせてしまったとは思うんですけれども、私はもうAKB48のメンバーとしてやり残したことはないと強く思っているので、最後の残りの時間を一緒に楽しんでいただけたら嬉しい」とファンにメッセージを寄せていた。

 また、1位になった指原は、その後のスピーチでコメントを求められ、表情を崩しながらも言葉を出し「いまは正直、ショックで、言葉になりません。ずっと頑張ってくれた麻友ちゃんがいなくなって、どうなるかわからないけど、ドラマをやってる時の麻友ちゃんは本当に楽しそうで、きっとこのまま次に進むんだろうなって前向きな顔をしていたので、麻友の判断を応援したいなって思っています。頑張ってね」とコメント。

 その言葉に渡辺は、両手で顔を覆いながら強くうなずいていた。

最終更新:6/18(日) 6:23
MusicVoice

Yahoo!ニュースからのお知らせ