ここから本文です

じわじわとあなたの評価を落とす12の悪い習慣

6/18(日) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

悪い習慣はなかなか直らない。

1つの悪い習慣が、必ずしもあなたを失敗させるわけではない。とはいえ、改善しなくていいわけでもない。

【画像】じわじわとあなたの評価を落とす12の悪い習慣

いくつかの悪い習慣は、あなたを「成功しない人」に見せるだけでなく、あなたのキャリア や人生における、より大きな問題の兆候であるかもしれない。

成功しない人たちが犯しがちな悪い習慣を紹介する。

口を閉じたまま

頭を垂れ続け、意見を言わず、自分の殻に閉じこもる。外向的であることに嫌悪感を抱くのは、良い防衛手段には見えるが、あなたから人を遠ざけてしまう。

現在の職場環境が、仕返しが怖くて積極的に振る舞えないような雰囲気なら、その中でやっていくのは大変かもしれない。しかし、怯えているだけでは、悪い癖となってしまう。

落ち着きがない

せかせかして落ち着かないのは、良い場合もあるのかもしれない。それでも、周りにいるじっとしていない人々を見てほしい。彼らを見て不安を抱くなら、同僚たちだって同じだろう。落ち着きのなさは他人を遠ざける悪い習慣だ。

遅刻魔

誰しも友人の中に1人は遅刻の常連がいる。もしかすると、あなた自身がその「いつも遅刻する友人」かもしれない。

あなたのキャリアにおいても、遅刻は友人グループに送る絵文字だらけの必死のメッセージでは許されないはずだ。遅刻は、あなたを不注意で信頼できない人に見せてしまう。

根に持つ

特定の人を好きになれず信用できないのは、構わないし、普通のことだ。

しかし、強烈な恨みを抱くのは、貴重な時間とエネルギーを無駄にするだけだ。それに、他人にこういった感情をさらけ出せば、執念深く少し怖い人に映る。気にしないことを学ぶべきだ。

同調する

「同調」は中学生のときの生き残り戦術だったが、今やキャリアもある大人だ。他人の考えを常に気にするのはやめよう。自分のためになることをしよう。

浪費する

もしあなたに浪費癖があるのなら、そのうち経済的に困窮するだろう。あなたの未来にとって、節約は重要だ。浪費する心理的誘因を学んで、この習慣を断ち切ろう。

1/2ページ

最終更新:6/18(日) 21:10
BUSINESS INSIDER JAPAN