ここから本文です

「コンテは近いうちにチェルシーを去る」 英解説者が大胆予測

6/18(日) 12:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今オフの選手補強に不満か

今季のプレミアリーグで見事優勝を成し遂げたチェルシー。来季の更なる躍進も期待されている同クラブだが、アレックス・サンドロ(現ユヴェントスDF)やカリドゥ・クリバリ(現ナポリDF)の獲得に失敗したことが複数のメディアで報じられるなど、戦力補強の面で遅れをとっている。

こうした状況のなか、英国内で解説者として活躍するスティーブ・ニコル氏が、アントニオ・コンテ監督とフロントとの間に確執が生じていると指摘。消極的な選手補強に終始するフロントに対して不満を募らせたコンテ監督が、チェルシーを去る可能性も排除できないという見解を示した。英『DAILY STAR』が伝えている。

「コンテ監督とフロントとの間に駆け引きのようなものがあるように思える。監督自身が理想とする補強戦略をあまりにも強引に通そうとするのであれば、近いうちにチェルシーの指揮官の座を追われることになるかもね。移籍市場が開く度にいちいち注文をつけられるのであれば、オーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏も黙ってはいないよ。『さようなら。私は他の人に監督をお願いするよ。今までもそうしてタイトルを獲得してきたからね』 と告げて、コンテ監督の解任に踏み切るはずさ」

第1次ジョゼ・モウリーニョ政権発足以降、複数年にわたり指揮を執ったのがモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)とカルロ・アンチェロッティ監督(現バイエルン・ミュンヘン)のみと、長期政権を築くのが難しいことで知られる同クラブ。卓越した戦術眼と人心掌握術で同クラブを闘う集団に仕立て上げたコンテ監督だが、思わぬ形でチェルシーを去ることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報