ここから本文です

コンフェデ開幕! ロシアの秘宝“今大会注目エース” が試合を決める

6/18(日) 14:07配信

theWORLD(ザ・ワールド)

リーグ得点王のスモロフ

日本時間16日24:00よりFIFAコンフェデレーションズカップ2017の開幕戦、ロシア代表対ニュージーランド代表の試合が行なわれた。翌年に控えるロシアワールドカップの前哨戦となる今大会は、各大陸王者に開催国のロシアと2014ブラジルワールドカップ王者ドイツを加えた計8カ国で優勝が争われる。

試合は開催国ロシアが主導権を握り、まずはロシア最年少21歳のゴロビンがファーストシュートを放つ。試合を優位に進めるロシアは、ロシアリーグ得点王のスモロフを中心にニュージーランドゴールに迫る。すると31分、ロシアが均衡を破った。ショートカウンターから2本のパスで裏に抜け出したグルシャコフが、冷静にGKを確認しシュートを放つ。記録はオウンゴールとなったが、ベテランのグルシャコフの気持ちが入ったプレイが実を結んだゴールとなっている。

後半もロシアペースで試合は進むが、ニュージーランドのGKマリノビッチのスーパーセーブに阻まれ追加点をなかなか奪えない。しかし69分ロシアの今大会注目エースが試合を決める。中盤でボールを持ったスモロフは、右サイドにボールを散らすと自ら中に入りクロスに合わせ追加点。エースのゴールに会場のボルテージは最高潮に達する。反撃に出たいニュージーランドは、トーマスの強烈なミドルシュートなどでロシアゴールを脅かすも、最後までロシアゴールを割ることができず試合終了。

同大会初参加の開催国ロシアがしっかりとメンツを保ち、開幕戦を勝利で終えている。近年国際大会で結果を出せていないロシアだが、十分可能性が感じられる試合となった。

[メンバー]

ロシア:アキンフェエフ、ヴァシン、ジキヤ、クドリャショフ、サメドフ、ジルコフ、グルシャコフ、ゴロビン、エロヒン(→タラソフ76)、ポロズ(→ブハロフ64)、スモロフ(→ミランチュク90)

ニュージーランド:マリノビッチ、ダレンテ、スミス、ボクソール、ウィン、コルヴェイ(→パターソン83)、バルバローセス(→トゥイロマ62)、マッグリンチェイ、ロハス(→スメルツ71)、トーマス、ウッド

[スコア]

ロシア 2-0 ニュージーランド

[得点者]

ロシア:ボクソール(OG、31)、スモロフ(69)

https://www.theworldmagazine.jp