ここから本文です

【MLB】イチロー今季自身最速「166キロ」安打 41球場“制覇”を地元紙も続々報じる

6/18(日) 22:17配信

Full-Count

代打で一時同点のタイムリー、「MLBキャリア開始から41球場で安打」

 マーリンズのイチロー外野手は17日(日本時間18日)、敵地でのブレーブス戦に代打で出場し、一時同点のタイムリーを放った。6試合連続安打でメジャー通算3049安打とし、歴代24位ロッド・カルー(3053本)まで残り4本に。今季オープンしたブレーブスの本拠地「サントラスト・パーク」初打席で記念すべき初安打を放ち、メジャー移籍後、ヒットを打ったのは41球場目となった。地元メディアもこの事実を続々と報じ、打球速度が今季最速を記録したことも伝えている。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは2-3とマーリンズが1点差に迫った5回1死一塁の場面で代打で登場。すると、左腕ガルシアのボーク、捕手フラワーズのパスボールで一塁走者のコロンは三塁まで進んだ。1ボール2ストライクとなり、イチローは4球目のツーシームをライト前へ痛烈なライナーで運ぶタイムリー。同点打となった。

 この回一挙5得点で逆転したマーリンズはその後、最大5点差までリードを広げながら、徐々に追い上げられると、9回に守護神ラモスが1点差を守れず同点に。さらに、ラモスは続投した10回にサヨナラ打を浴び、マーリンズは7-8で敗れた。

 それでも、イチローの41球場“制覇”を地元メディアも続々と速報。MLB公式サイトは「マイアミが5得点した5回、イチロー・スズキは代打でシングルヒットを放ち打点を記録。彼は2001年にシアトルでMLBのキャリアを開始して以来、41球場で安打を放っている」と伝えた。

166キロの痛烈安打は「今季の彼の最もハードな打球」

 地元紙「マイアミ・ヘラルド」は「イチローに関する追加情報」として「土曜日に安打を記録。これで、イチローはMLBの試合が行われた41球場でヒットを放ったことになる。その中には東京ドームも含まれている」と紹介。41球場の中には、マリナーズ時代の2012年にアスレチックスと開幕シリーズを戦った東京ドームも入っていることを補足した。

 さらに、地元紙「サン・センチネル」も「イチロー・スズキがライトにヒットを放ち、同点となった。メジャーリーグでの17年間でイチローは、42球場中41球場でヒットを記録した」と言及。イチローが唯一ヒットを打っていないのは、昨年7月3日にマーリンズ-ブレーブスが開催されたノースカロライナ州フォートブラッグ陸軍基地の仮設フィールドで、この時は代打での1打席のみで遊ゴロだった。

 新球場初打席で、華麗なキャリアに新たな歴史を刻む1安打を放ったイチローは、6月は16打数7安打の打率.438と好調で、打率は.226まで上昇。代打としても直近11打数7安打の打率.636、3打点と波に乗ってきた。MLB公式サイトでレポーターを務めるデビッド・アドラー氏はツイッターで「イチローは代打で、MLB通算3049安打目となる103.3マイル(約166.3キロ)のタイムリーを放った。彼の今季最もハードな打球だ」と紹介。この166キロ超の打球速度も復調を証明するデータの1つと言えそうだ。

 メジャー通算3049安打で、カルー(3053本)までも残り4本。歴代24位浮上も時間の問題となってきた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/18(日) 22:17
Full-Count

スポーツナビ 野球情報