ここから本文です

下村氏、国会閉会中の審議に言及

6/18(日) 17:12配信

ホウドウキョク

加計学園の問題をめぐり、国会閉会中の審議の可能性に言及した。
自民・下村幹事長代行は「国会で、今までも議論はしましたけれども、新たな事実とか、新たなものが出てくれば、当然、閉中審査はあり得る話だと思います」と述べた。
自民党の下村幹事長代行は18日、学校法人「加計学園」をめぐる一連の問題について、「新たな事実が出てくれば」と条件をつけたうえで、国会閉会中でも委員会などを開催する「閉会中審査」の可能性に言及した。
一方で下村氏は、16日に行われた参議院予算委員会の集中審議で、「だいたい、議論は出尽くしているのではないか」とも述べて、現状では必要ないとの認識も示した。
また、野党側が求めている、文科省の前川前次官の国会招致については、「前川さん自身が、いろいろなところで発言をされている。彼の真意というのは、みんなわかっていることだ」と述べて、必要ないとの考えをあらためて示した。

最終更新:6/18(日) 17:12
ホウドウキョク