ここから本文です

NBA TVが今季“珍プレー”トップ5を紹介、MVPはウェストブルックのトラベリング

6/18(日) 11:57配信

バスケットボールキング

 ゴールデンステート・ウォリアーズの2年ぶり通算5度目の優勝で幕を閉じた2016-2017シーズンのNBA。アメリカのスポーツ系ケーブルTV放送、衛星TV放送の「NBA TV」が今季のシャクティンアフールのトップ5を公開した。



 ロサンゼルス・レイカーズなどで活躍したシャキール・オニール氏によって始められたこの企画は、シーズン中に起こった“珍プレー”を紹介するもの。今季のMVPはラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)が受賞した。

 出来事が起こったのは、1月19日に行われたウォリアーズ戦の第3クォーター。エンドラインからビクター・オラディポのパスを受けたウェストブルックは、片手でボールをつかむと、味方に指示を出しながら悠々と歩き始めた。その歩数は5歩に達し、トラベリングの判定が下された。

 その他、自身の3ポイントシュートが外れたことを知らずダンスを披露したケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)や、試合中にもかかわらず相手ベンチに挨拶に向かったJR・スミス(クリーブランド・キャバリアーズ)らがトップ5にランクインした。

■シャクティンアフール(Shaqtin' a fool)MVP
2011-2012
ジャベール・マギー(ワシントン・ウィザーズ)

2012-2013
ジャベール・マギー(デンバー・ナゲッツ)

2013-2014
ケンドリック・パーキンス(オクラホマシティ・サンダー)

2014-2015
オット・ポーター(ワシントン・ウィザーズ)

2015-2016
ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)

2016-2017
ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)

※所属チームは当時のもの

BASKETBALL KING