ここから本文です

児童ら短冊に願い込め 平塚、七夕まつり控え

6/18(日) 10:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 平塚の夏の風物詩「第67回湘南ひらつか七夕まつり」(7月7~9日)を前に、地域の保育園や小学校など21団体による「七夕子ども飾り」が17日、平塚市紅谷町まちかど広場で掲げられた。小学生や保護者らが結びつけた七夕飾りが涼しげに風に揺れ、シーズン到来を告げた。

 市内土屋地区の竹林から切り出した青竹に「ドッジボールがうまくなりますように」「お姫様になれますように」「ママとパパと元気に笑顔で毎日が過ごせるように」などと、かわいらしい願いをしたためた色彩豊かな短冊が飾られた。

 母と妹と作業を手伝った女子児童(11)は「絵を描くのが好きなのでもっとうまくなりたい、とお願いした」と話していた。子ども飾りは7月9日まで、同所でにぎわいを添える。