ここから本文です

「辞めてやったよ!」中居正広がボイストレーニングを投げだした過去を告白

6/18(日) 19:10配信

E-TALENTBANK

16日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、中居正広が自身の過去のエピソードを披露した。

番組には、どんな曲でも歌いこなしてしまうという演歌歌手の島津亜矢が出演。島津がカバーアルバムやコンサートで歌っているという楽曲群が紹介され、その中から島津は出演者からリクエストされた曲を披露していった。

島津の歌声を聞いていた中居は声質が岩崎宏美に似ていると指摘する。島津は、以前岩崎と一緒に歌う機会があったときに、ミキサーの人から岩崎と声質が似ていて調整が大変だと言われたことがあるというが、「それ以降初めて言われました」と驚いていた。

出演者から耳の良さについて褒められた中居は「本当に手前味噌ですけど、僕は岩崎宏美さんがボイストレーニングしてた先生んところ僕ずっと通ってたんです」と話し、1993年にリリースされたSMAPの楽曲「$10」以前に、半年間毎週2回自費でレッスンに行っていたと告白した。

中居の説明によると、レッスン初日に先生は中居の歌声を録音し「中居くん半年経ったら、このテープ残しておくからどんだけ恥ずかしくなるかこの半年で証明してあげるから」といわれたそう。

そして半年レッスンを続けたという中居は先生から「中居君ね、僕に頼むんじゃなくて、耳の先生に一回診てもらった方がいい」とさじを投げられたと明かし、「辞めてやったよ!」と吐き捨てるようにコメントすると、スタジオでは笑いが起こっていた。

自身の歌声について自虐的な発言をする中居は、以前番組でも歌手のクリス・ハートの歌声を聞き「(歌声を)2000万で買いたかった」「3000万まで出す」と自虐的な発言を繰り返していた。

株式会社イータレントバンク

最終更新:6/18(日) 19:10
E-TALENTBANK