ここから本文です

コンテナ船、米イージス艦の右後方から衝突か

6/19(月) 7:19配信

読売新聞

 静岡県・伊豆半島沖で17日、フィリピン船籍のコンテナ船と米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」が衝突した事故で、2隻の損傷状況などから、コンテナ船がイージス艦の右後方から衝突した可能性が高いことがわかった。

 海上保安庁や運輸安全委員会は、事故直前の2隻の航行状況などについて調べている。

 捜査関係者によると、コンテナ船は船首の左側に、イージス艦は船体右側の中央付近に、それぞれ衝突による損傷が確認された。こうした状況から、事故直前、2隻はほぼ同じ方向に航行し、コンテナ船がイージス艦の右後方から衝突した可能性が高いとみられる。

 海上衝突予防法では、コンテナ船が後方からイージス艦を追い抜こうとしていた場合は、コンテナ船側に回避義務があるとされる。これに対し、コンテナ船がイージス艦から見て右側から前方を横切ろうとしていれば、イージス艦側に回避義務がある。同庁と運輸安全委員会は、2隻の損傷の状況をさらに詳しく調べるほか、コンテナ船の船員らから事情を聞くなどし、衝突に至るまでの2隻の航行状況について調べを進めている。

最終更新:6/19(月) 8:37
読売新聞