ここから本文です

ソフトバンク、3年連続7度目の交流戦V パの8年連続勝ち越しも決まる

6/18(日) 17:14配信

ベースボールキング

● 広島 4 - 7 ソフトバンク ○
<3回戦 マツダスタジアム>

 ソフトバンクが総力戦を制し、12勝6敗で交流戦を終えた。勝率は広島と同率だが、直接対決を2勝1敗で勝ち越したため、3年連続7度目となる交流戦勝率1位が決まった。同時に、パ・リーグの交流戦勝ち越しも決定したため、賞金総額1500万円(リーグ1位球団+最高勝率球団)獲得に加え、MVP選手の輩出も決まった。

 ソフトバンクは初回、4番松田の幸運な適時内野安打で先制。1-1の2回も好機を作ると、8番甲斐の左前適時打で勝ち越し。さらに二死二、三塁から、1番福田も中前への2点適時打で続き、4-1と試合の主導権をつかんだ。

 先発の山田は3回途中2失点で降板したが、あとを受けた救援陣が奮投。5-2の5回は、ワンポイント投入の3番手・飯田がストレートの四球を与え一死一、二塁のピンチを招いたが、あと受けた五十嵐が4番鈴木を空振り三振、そして続くエルドレッドも左飛に封じ、傾きかけた流れを食い止めた。

 打線は5回、松田のこの試合2打点目となる適時打で5点目を加えると、3点リードの8回は7番高田の適時三塁打、続く甲斐のスクイズでダメ押しの2点を追加。リリーフ陣はその後も5番手・嘉弥真、6番手・森が無失点。9回は7番手のサファテが代打・松山に2ランを浴びたが、何とかリードを守り抜いた。

 ソフトバンクは直接対決を2勝1敗で制し、同率の広島を上回る結果に。さらに他球場の結果も含め、パ・リーグの8年連続勝ち越しも決まった。

【ソフトバンク:交流戦制覇年の成績とMVP選手】
2008年:15勝9敗0分 MVP:川崎宗則
2009年:18勝5敗1分 MVP:杉内俊哉
2011年:18勝4敗2分 MVP:内川聖一
2013年:15勝8敗1分 MVP:長谷川勇也
2015年:12勝6敗0分 MVP:柳田悠岐
2016年:13勝4敗1分 MVP:城所龍磨
2017年:12勝6敗0分 MVP:?

BASEBALL KING