ここから本文です

プレミア王者チェルシー、コンテ退団となれば元バルサ指揮官が後任か

6/18(日) 17:16配信

ゲキサカ

 チェルシーはアントニオ・コンテ監督が退任した場合、今季までバルセロナを指揮したルイス・エンリケ氏が後任となるようだ。英『テレグラフ』が報じている。

 来季プレミアリーグ連覇、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇の両方を目論んでいるチェルシー。しかしコンテ監督は戦術面でチェルシー上層部が対立しているようで、2019年までとなっている契約の更新に応じていない。

 そのため今夏の退団説も出ているが、同紙はコンテ監督がチェルシー退団となれば、エンリケ氏が後任になると報じた。エンリケ氏は2014年8月からバルセロナを指揮し、2014-15シーズンにチャンピオンズリーグ制覇など3年で9タイトルをもたらし、今季限りで退任していた。

最終更新:6/18(日) 17:16
ゲキサカ