ここから本文です

復帰までの青写真描く長谷部「8月末の代表に選ばれるように」

6/18(日) 20:21配信

ゲキサカ

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が18日、J1浦和対田の試合前に埼玉スタジアムの南広場特設ステージでトークショーを行い、08年1月に海外移籍するまでの6シーズンを過ごした古巣のサポーターの前で浦和在籍時のエピソードや近況について語った。

 3月に手術した右膝の状態については「もうスプリントもできるし、ボールも蹴っている。あとは対人。相手がいる中での動きがどうか」と、順調に回復していると説明。「ブンデスリーガの開幕が8月上旬なので、そこに向けて焦らずやっている」と、8月18日のリーグ開幕に照準を合わせて調整していくつもりだ。

 長谷部不在の日本代表は今月13日のW杯アジア最終予選・イラク戦で1-1のドロー。8月31日のオーストラリア戦(埼玉)に勝てばW杯出場が決まるが、引き分け以下に終われば、9月5日のサウジアラビア戦(アウェー)に向けて逆に追い込まれる運命の大一番だ。

「8月末の代表に選ばれるようにやっていきたい」と、代表復帰を視野に入れる長谷部は浦和時代のホームでもある埼玉スタジアムで行われるオーストラリア戦に向け、「ここで勝って(W杯出場を)決めたい」と、あらためて決意を述べた。

最終更新:6/18(日) 20:28
ゲキサカ