ここから本文です

藤井四段、大盤解説場に登場 ファンから温かな拍手

6/18(日) 10:14配信

日刊スポーツ

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が17日、大阪市の関西将棋会館で指された朝日杯オープン戦1次予選で学生名人の東大1年、藤岡隼太アマ(19)を破り、自身の歴代単独2位の公式戦連勝記録を「27」に更新した。30年前に神谷広志八段が打ち立てた歴代最多の28連勝にあと1勝と迫った。

【写真】藤井聡太四段は「怪物や」おっかけオバちゃんも出現

 藤井四段は対局後、大勢のファンが待つ大盤解説場に登場した。約80人の将棋ファンから温かな拍手で迎えられると「途中は難しい場面もあったが、優勢に立ってからは自分の将棋が指せた」と振り返った。その後、関西将棋会館の1階のある洋食店で関係者と打ち合わせ。その姿を見つけたファンらが「藤井くんや~」と、窓越しに携帯電話で熱心に撮影していた。

最終更新:6/18(日) 10:32
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ