ここから本文です

日本ハム・レアード先制打 中田生還はリプレー検証

6/18(日) 14:40配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ヤクルト3-6日本ハム>◇18日◇神宮

 日本ハムのブランドン・レアード内野手(29)が2点適時打で先制点を奪った。

【写真】包帯ぐるぐる巻きの衝撃的な姿の中田

 4回に3番西川、4番中田の連打で迎えた2死二、三塁の場面で左前打を放った。2点目の中田の生還はリプレー検証となるも、判定は覆らず得点と認められた。「打ったのは外のシンカーかな。最初はタイミングを合わすのにてこずったけど、なんとかアジャストできたよ。雨予報みたいだから、早めに点を取れてよかった」と喜んでいた。

最終更新:6/18(日) 16:47
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報