ここから本文です

広島中村祐が2回途中KO、不運も重なり3失点

6/18(日) 14:40配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:広島4-7ソフトバンク>◇18日◇マツダスタジアム

 交流戦最高勝率を掛けて戦う試合で、広島先発中村祐太投手(21)は2回途中KOとなった。1回は高く上がった飛球と太陽が重なり、自身を含む野手が捕球出来ない不運な内野安打2本で先制を許した。だが1回にエルドレッドの適時打で同点に追いついてもらい、試合は振り出しに戻してもらった。

【写真】大のコイ党・谷原章介、始球式に「夢のような時間」

 それでも中村祐はリズムを取り戻すことが出来ず、2四球に3安打を浴び3失点。1回2死二、三塁で交代を告げられた。「いつもと変わらずに投げたい」と話していたが、1回2/3を投げて5安打4失点での降板。最高勝率を決める1戦で、期待に応えることは出来なかった。

最終更新:6/18(日) 17:39
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報