ここから本文です

ソフトバンク交流戦最高勝率/18日交流戦まとめ

6/18(日) 19:07配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦>◇18日◇マツダスタジアムほか

◆ソフトバンク交流戦最高勝率、広島カード負け越し

【写真】2回表、甲斐は左前に勝ち越し適時打を放つ

<日本生命セ・パ交流戦:広島4-7ソフトバンク>◇18日◇マツダスタジアム

 ソフトバンクは1回に1点、2回に3点を追加。広島は1回、2回で1点ずつをかえした。両先発が3回までに降板する乱打戦。

 ソフトバンクは5回に4番松田の適時打で1点追加。投手陣は小刻みな継投で、広島打線に3回以降得点を許さない。

 ソフトバンクは8回にもスクイズなどで追加点。交流戦最高勝率に輝いた。広島は先発中村祐が誤算。カード負け越しとなった。

 ソフトバンク岡本が1勝目。広島中村祐は1敗目。

◆巨人亀井サヨナラ3ラン!交流戦最下位目前のチーム救った

<日本生命セ・パ交流戦:巨人7-5ロッテ>◇18日◇東京ドーム

 巨人は2回、阿部の9号ソロで先制。3回1死二塁、山本の中前適時打で1点を追加した。先発の大竹寛は3回まで1安打無失点。

 巨人は4回、阿部の2打席連続本塁打となる10号ソロで1点を追加。ロッテは5回、代打井口の右犠飛で1点を返した。

 ロッテは8回2死一塁、鈴木が巨人3番手のマシソンから8号同点2ランを放った。3-3で延長戦に突入した。

 ロッテは延長12回、2点を奪ったが、巨人はその裏、坂本勇の適時二塁打で追い上げ、亀井の3ランでサヨナラ勝ちした。高木勇が今季初勝利、ロッテ大嶺祐は2敗目。

◆中日連勝、柳がプロ初勝利 西武牧田は勝ち越し許す

<日本生命セ・パ交流戦:中日4-3西武>◇18日◇ナゴヤドーム

 西武は初回、浅村の二塁打で1点先制。中日はその裏、炭谷の悪送球と森野の適時打で逆転。3回には藤井の二塁打で1点。

 西武は6回、中村の二塁打で1点。さらに2死三塁から柳の暴投で3-3とした。先発のウルフは5回3失点で降板した。

 中日は7回に亀沢の中前打で再び勝ち越し、2連勝。7回3失点の柳がプロ初勝利を挙げた。西武3番手の牧田は踏ん張れず今季初黒星。

◆楽天接戦制す、岸が5勝目 阪神小野援護なく3敗目

<日本生命セ・パ交流戦:阪神0-1楽天>◇18日◇甲子園

 阪神は1回と3回に1番高山の安打から好機をつくるも中軸が凡退。楽天は3回まで毎回安打を放つも得点には結びつかず。

 楽天は島内が四球で出塁するとペゲーロ、岡島の連続安打で1点を先制。阪神は相手の好守に阻まれるなど、得点に結びつかない。

 楽天は1点を守りきり、岸が5勝目を挙げた。松井裕が21セーブ目。阪神はルーキー小野が1失点の粘投も、打線の援護が無く初勝利はならず3敗目を喫した。

◆日本ハム有原が4勝目、ヤクルト連勝4でストップ

<日本生命セ・パ交流戦:ヤクルト3-6日本ハム>◇18日◇神宮

 序盤は投手戦。ヤクルト石川は3回まで走者を1人も許さず。日本ハム有原は初回に内野安打を打たれたのみで、3回無失点。

 日本ハムは4回に西川、中田、レアードの3連打で2点を先制。6回にも2点を加え、ヤクルト先発石川を6回途中で降板させる。

 日本ハムは7回にも西川の2点適時打で加点。先発有原は9回途中降板も4勝目。ヤクルトは9回に3点かえすも連勝が4で止まった。石川は7敗目。

※DeNA-オリックスは降雨ノーゲーム

最終更新:6/18(日) 19:29
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報