ここから本文です

13歳張本に世界1位の馬龍が警戒「成長を注目」

6/18(日) 19:29配信

日刊スポーツ

<卓球・ジャパンオープン荻村杯>◇最終日◇18日◇東京体育館◇男女シングルス決勝ほか

【写真】13歳張本悔し涙、中国選手に3連敗も進化実感

 男子シングルスを制した世界ランニング1位の馬龍(28=中国)が、日本の13歳に警戒感を示した。

 優勝インタビューで、世界選手権で史上最年少ベスト8を決めた張本智和(エリートアカデミー)に関して問われると「身長も高くなり、技術も進歩している。これからの成長を注目したい」と話した。2人は15年10月のポーランドオープンで対戦。当時、張本は小学6年だった。世界王者も急成長する13歳に目が離せない様子だった。

最終更新:6/18(日) 19:38
日刊スポーツ