ここから本文です

元SMAP3人ジャニーズ退社 中居は残留…9月8日に香取、草なぎ、稲垣

6/19(月) 4:00配信

デイリースポーツ

 ジャニーズ事務所は18日、昨年末に解散したSMAPの元メンバー香取慎吾(40)、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(43)が契約期間満了に伴い、9月8日をもって退社することを発表した。6月1日に3人が意志を示し、18日付で了承した。昨年1月の解散騒動時に3人と同じ“独立派”だった中居正広(44)は一転、木村拓哉(44)と共に残留を決めた。3人は退社後、元SMAPのマネジャーを務めた女性が設立した新事務所で芸能活動を続けるとみられる。

【写真】3人は“育ての親”と合流へ…レギュラーは継続?関係者の意見割れる

 昨年の騒動時から“独立派”だった3人が、危ぐされていた通り、事務所を離れる決断を下した。

 ジャニーズ事務所はこの日、FAXを送付し、「3名の申し入れを受け、マネジメント業務委託契約を終了することとなりました」と報告した。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)は、「長年に渡って頑張ってきてくれた3人ですので、これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることと確信しています」と今後の活躍を願う言葉を送った。

 3人は6月1日、都内某所で事務所幹部と会談を行い、そろって退社の意志を伝えていた。ジャニー社長は解散騒動時から本人の考えを尊重すると話していたことから、事務所も慰留はしなかったとみられる。

 一方、“独立派”のリーダーとして年下3人を引っ張ってきた中居が残留を決めた。昨年から3人に独立は「1年、我慢して」と退社の時期を探っていたというが、SMAP解散後の充実したソロ活動で心境が変化した。

 番組スタッフや事務所にお世話になっていることを感じ、退社は迷惑がかかるという思いが芽生えた。思い描く独立後の活動において、女性マネジャーと方向性の相違も生まれ、残留への思いを強めたという。

 中居は4月22日に香取司会のテレビ朝日系「SmaSTATION!!」で解散後初共演を果たし、残留を説得したというが香取の意志は変わらず。3人は独立を見据え、ソロ活動後に新規の仕事を入れないように申告しており、決意は変わらなかった。

 ジャニーズを離れたタレントが、新天地で活躍するのは難しいとされる。起用側が事務所の気持ちを“忖度”し、オファーを控えるなど“制約”が懸念される。中居は自分が残り、香取らの“緩衝材”になることで、3人の今後を守ることを決めたようだ。

 元SMAPメンバーの退社は、96年の森且行(43)に続き4人となった。国民的グループの元メンバーはそれぞれの思いを胸に新たな人生を歩んでいく。