ここから本文です

キタサンブラックが春古馬3冠に挑む/宝塚記念の見どころ

6/19(月) 10:00配信

netkeiba.com

 注目はもちろん現役最強馬キタサンブラック。大阪杯のG1昇格で今年から創設された「春古馬3冠」をいきなり達成することができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/25(日) 宝塚記念(3歳上・GI・阪神芝2200m)

 キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)は大阪杯、天皇賞(春)と今春のGIを連勝。特にサトノダイヤモンドとの頂上決戦と言われた天皇賞(春)では、あのディープインパクトのレコードをコンマ9秒更新しての完勝で、現役最強馬の座を掴み取った。秋の予定は凱旋門賞挑戦も含めてまだ確定していないが、まずはここで春古馬3冠制覇に挑む。昨年の本レースでは3着に敗れたが、更に大きく成長し、ダントツのファン投票1位に選出された今年は負けられない。

 シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は天皇賞(春)で2着。キタサンブラックの後塵は拝したものの、前哨戦の阪神大賞典で完敗していたサトノダイヤモンドには先着し、2強の一角を崩してみせた。昨年の本レースは直線で行き場をなくして9着だっただけに、ここでその悔しさを晴らしたいところだ。

 その他、悲願の国内GI制覇を目指すサトノクラウン(牡5、美浦・堀宣行厩舎)、距離短縮で巻き返したい素質馬シャケトラ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)、前走は出遅れが痛かったゴールドアクター(牡6、美浦・中川公成厩舎)、牡馬相手でも見劣らないミッキークイーン(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:6/19(月) 10:12
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ