ここから本文です

貞子よりも怖い…ウワサの“地球外生命体”恐ろしい進化後の姿が初公開!

6/19(月) 5:36配信

シネマトゥデイ

 映画『ライフ』より本編映像の一部が公開され、メインキャストの一人である真田広之が「貞子よりも怖い」と明言したことが話題になっている、劇中に登場する地球外生命体(エイリアン)の進化を遂げた恐ろしい姿が初披露された。

【動画】エイリアンは動画の1:05あたりに登場…

 世界的に大ヒットを記録し、続編の公開も控える『デッドプール』のライアン・レイノルズと脚本チーム(ポール・ワーニック&レット・リース)が再タッグを組んだ本作は、ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、そして日本が誇るハリウッド・スターの真田という豪華キャストがそろうSFホラー。無重力の国際宇宙ステーションで直面する未知なる生命体との死闘が描かれる。

 この度公開されたのは、真田が演じるフライト・エンジニアのショウ・ムラカミの見せ場となる本編シーン。国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士たちの中で一番のベテランであるショウは、一歩引いてクルー全体を客観的に見ている冷静なキャラクターなのだが、火星で発見されたエイリアンが次々と仲間を襲っていく様に、次第に冷静さを失っていく。

 映像では、“カルビン”と呼称するエイリアンの暴走から逃れるために避難していたショウが、ある理由から単独行動に出る。仲間たちの制止の声も届かず、ショウは自らカルビンが潜む危険な場所へと向かった。そこには犠牲となった仲間の姿が。そしてショウの背後には、進化を遂げ恐ろしい様相に変態したカルビンが静かに忍び寄っていた……。

 ここでチラっと確認できるのが、カルビンの新たな姿。これまでに公開されていた映像では、「美しい」「可愛らしい」と形容してもいい神秘的な見た目であったのが様変わり。潜在的な恐怖心をあおるような、何とも言い表せない“正体不明”な姿となっている。公開済みの予告編では、人間がバキバキと砕かれるシーンも映し出されているが、このエイリアンは劇中でいったいどんな正体をさらすのだろうか。(編集部・小山美咲)

映画『ライフ』は7月8日公開

最終更新:6/19(月) 5:36
シネマトゥデイ