ここから本文です

青梅市初の公式キャラ「ゆめうめちゃん」です 篠原ともえさんデザイン

6/19(月) 7:55配信

産経新聞

 青梅市は、同市初の公式キャラクターの愛称を「ゆめうめちゃん」に決めた。

 市の花であるウメの花がついたバトンを持ち、着物には多摩川、ウグイス、花火など市の名物が描かれた公式キャラは、同市出身で市親善大使のタレント、篠原ともえさんがデザインした。

 3月中旬から4月中旬にかけて市民から愛称を募集し、応募総数379点の中から、市内在住の3人が応募した「ゆめうめちゃん」が採用された。

 愛称決定に当たって、篠原さんは「青梅市の皆さんと一緒に、青梅を梅でいっぱいにする夢を、ゆめうめちゃんと一緒に叶えてゆきましょ☆」とのコメントを発表。浜中啓一市長は「応募作は青梅愛にあふれる愛称ばかりで、選考に苦労した」と話した。

最終更新:6/19(月) 8:09
産経新聞